HOME >> 食べられる段ボール >> 空気的存在

空気的存在

空気的存在

段ボールを作る時には必ず守らなければいけない規格があります。

それは、共通で使われています。

ここでは、日本の工業製品の基準が決められている法律「JIS」についてお話します。

日本工業規格・JISとは英語読みの頭文字を取った物です。

日本の工業製品について統一のきまりを作ることにより異なるメーカーの製品でも組み合わせて使うことができたり、この規格に沿った図面であれば誰が作っても同じものができるといった工業界の標準となるものを様々な分野について定めた国家基準です。

工業標準化の目的は、自由に放置すれば、多様化、複雑化、無秩序化してしまう「もの」や「事柄」について、経済・社会活動の利便性の確保、生産の効率化、公正性の確保、技術進歩の促進、安全や健康保持、環境の保全等の観点から、国レベルの「規格」を制定し、これを全国的に「統一」又は「単純化」することです。

※工業標準化の規格の働き,作用について。

【1:経済活動に資する機能】

1、製品の適切な品質の設定。

工業標準化は、製品の品質に関し一定の水準を与えることができる。

2、製品情報の提供。

工業標準化は、製品の寸法や性能・成分・強度といった品質等の製品の選択に必要不可欠な情報を提供し、取引上のコスト削減ができる。

3、技術の普及。

製品の性能や試験方法等について行われる工業標準化は、その技術について広く産業活動等への利用や普及の促進・生産性を向上し、技術の発展に結びつける事できる。

4、生産効率の向上。

工業標準化により、生産活動における量産化が可能となり、生産効率の向上に伴い、価格低減が図られる。

5、競争環境の整備。

製品の性能等の試験方法及び評価方法の工業標準化は、製品間の性能等の客観的な比較が可能になり、技術要素について競争を促す事ができる。

6、互換性・インターフェースの整合性の確保。

工業標準化は、ボルト及びナット類や、蛍光ランプ・照明機器間の互換性を規定し、部品等の容易な交換を可能とすることができる。

【2:社会的目標の達成手段としての機能】

工業標準化は、「産業競争力の強化」、「環境・安全・権利の保護」、「省エネルギー・省資源の推進」等の政策目標の遂行手段として企業、消費者の行動を促進することができる。

【3:相互理解を促進する行動ルールとしての機能】

工業標準化は、関係者間で技術的要求事項、技術データ等を相互に伝達する手段として、用語、記号、計量単位、試験評価方法、生産方法、品質、安全度、仕様書のフォーマット表示等について技術基盤を統一することができる。

【4:貿易促進としての機能】

工業標準化が自由貿易の維持・発展を図る目的として活用される。


食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです