HOME >> 食べられる段ボール >> 犬のお家も段ボール

犬のお家も段ボール

室内犬の住まいとして段ボールを使う人が増えているようです。

犬に限らず、ネコやその他のペットにも使えますが、ネコは段ボールで爪を研ぎ、小動物は穴をあけることが多いので、犬の家がもっとも長持ちするようです。

みかん箱を置いておくだけでも、狭い空間が落ち着くのか、好んでそこに眠る犬もいるようです。

子供のキッチンのように、本格的に組み立てられた段ボールのペットハウスも市販されています。

日曜大工のように、設計図を書いて本格的なペットハウスを作る人もいます。

段ボールのペットハウスの利点は、持ち運びがしやすく掃除が簡単なこと。

粗相をして汚しても簡単に取り換えられるので匂いの発生が少ないことが挙げられます。

ですから、とても安い値段で売られています。

予備として数枚常備しているという飼い主さんもいるようです。

プラスチックや金属のハウスに比べて温もりがあり、クラフト色はどんなインテリアにも調和するため人気を呼んでいます。


食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです