HOME >> 食べられる段ボール >> 料理のガス代節約

料理のガス代節約

煮物は火を通した後、ゆっくりと温度が下がる過程で味が染み込みます。

ゆっくりというのがコツで、急激に温度を下げても調味料の味が煮物に浸透せずに固くなってしまいます。

ゆっくりと温度を下げるため、とろ火で調理する方法が最適といわれていますが、とろ火といえども長時間のガスの使用は光熱費にも影響を与えます。

そこで、煮物を冷ますのに段ボールが活躍します。

一枚の紙とはちがい、紙の間に波型の紙を挟み込んでいるので空気の層が出来ます。

ですから、段ボールは保温性が高いのです。

煮物の鍋を熱いうちにバスタオルなどでくるみ、段ボールに入れてフタをしておく。

これだけで、ちょうど良い加減の味が煮物に染み込んで、固くなるのを防いで美味しい煮物が出来上がります。

光熱費の節約にもなります。

どこの家庭にもあるもので、美味しい煮物が作れて光熱費も節約。

段ボールは手間いらずで主婦にも家計にも優しいお助けツールとなるのです。


食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです