HOME >> 食べられる段ボール >> 燻製器の作り方

燻製器の作り方

アウトドアでバーベキューは定番ですが、最近のアウトドアクッキングで人気なのは燻製作りです。

チーズを燻製すればスモークチーズに。

豚肉を燻製にすれば自家製ベーコンに。

燻製独特の香りが食欲をそそります。

燻製器の作り方はいたって簡単です。

段ボールの上部と下部をカッターで切り取って開きます。

下は火を焚くために。

上は食品を出し入れするために開けておくのです。

中央より上に金網をセットします。

支えの棒を差し込んでも良いのですが、段ボールのサイズよりも少し大きめの金網を、段ボールに切り目を入れて差し込んでも良いのです。

スモークウッドやスモークチップを食材によって使い分けます。

ウッドやチップに火をつけたら段ボールの燻製器をかぶせて食材をのせてしっかりとフタをします。

フタの隙間から煙が出始めたら燻され始めた印です。

2時間程度時間が必要ですが、その間に他の料理の準備や近くの散策などでアウトドアを目いっぱい楽しみましょう。


食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです