HOME >> 食べられる段ボール >> 地球に優しい

地球に優しい

段ボールは何から出来ているのかご存知ですか。

答えは「段ボール」です。新しい段ボールは紙から作られますが、今では段ボールのリサイクルの施設や技術も充実したため、資源ごみで回収された段ボールは、溶かされて再び段ボールとして生まれ変わります。

集められた段ボールは溶かしやすくするため細かく裁断されます。

裁断されたものを熱いお湯でドロドロに溶かします。

異物が混入していることもありますので丁寧に取り除きます。

純粋の紙となった溶かされた材料は、ベルト状の機械に均一に吹き付けられます。

何度も吹き付けを繰り返せば、層の厚い強度の高い段ボールが出来上がります。

上の紙と中の紙、下の紙に分けられ、中間の波状の紙をつくるため、中の紙を凸凹のローラーで波状に加工します。

糊を吹き付けて上と下の紙でサンドイッチ状に挟み段ボールは完成です。

波の大きさや紙の厚さによって種類が変わり、強度も変わるため、用途によって使い分けられています。


食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです