HOME >> 食べられる段ボール >> 通い妻も段ボール

通い妻も段ボール

通い妻も段ボール

何度も繰り返し使われる段ボールにプラスチック製の段ボールがあります。

これなら、水ものを運んだりもできます。

プラダンコンテナはC式の箱にコーナーとフレームを付け、強度を上げ段積み時の荷崩れをなくしたコンテナです。

専用のコーナーをフレーム部材で、希望サイズのコンテナを小ロットで製作できます。

その軽さと強度から通い箱として使われています。

小さな部品から大型品まで様々な形や大きさのものをコンパクトに簡易に安全に運ぶ通い箱が製作可能です。

プラスチック段ボール(プラダン)はポリプロピレン樹脂(PP)を原材料として製造されています。

中空構造により軽さと強度を両立した、コストパフォーマンスに優れた素材です。

プラダンを使用した梱包箱は作業員の負担の軽減や、輸送コストの削減に貢献できます。

さらに、耐久性、耐水性、断熱性、耐薬性を持ち合わせておりますので、保管箱、通い箱、精密機器ケース、養生シート、ディスプレイ看板まで用途は無限大です

通称「みかん箱」と呼ばれ、一般に流通している段ボールがプラスチックになったのがあります。

プラダンA式とはもっとも一般的な形で、紙段ボールからのそのまま代替すればコスト削減が可能です。

プラダンケースは、その耐久性が高く長期間使用できます。

さらに、ケースにマジックテープをつけるとテープ封緘の手間がなくなります。

また、プラダンは100%ポリプロピレン製であることから、チリや紙粉を嫌う精密機器工場や医療、食品の現場で大活躍しています。

プラダンシートと呼ばれている物、は一体押出成形によるポリプロピレン製の中空構造板です。

ポリプロピレン製なので熱や水・薬品に強く、手軽に加工できます。

滑らかで美しい素材感を持ち合わせているので看板やディスプレイ用素材などに使われています。

また中空構造なので軽くてローコスト、耐圧性・耐衝撃性に優れているため建築用保護・養生材としての注目も高まっています。

機能性、合理性、そして経済性に優れた画期的な新素材です


食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです