HOME >> 食べられる段ボール >> 子供の口には入らないように

子供の口には入らないように

よく動物などがダンボールを食べてしまって消化などをしきれずに体調を崩してしまう何ていう事はあると思うのですが、それは動物にばかりいえた事ではありません。

子供の頃というのは、食べ物でなくても何でもかんでも口に含んでしまうという事が結構多いのではないでしょうか。

そう考えると、ダンボールなどを齧って子供が食べてしまう何ていう事も無いとは言い切れないのです。

その場合にはどうしたらいいのか、まずは子供などが口に含みそうなものはそういった場所に置かないように心がけるといいでしょう。

さすがにダンボールというのは食べ物ではないので、口に含んでも美味しく無いという事で吐き出す子供が多いと思いますが、万が一飲み込んでしまうと困るのでそういった対策を取りましょう。

動物と似たような感覚なのかもしれませんが、歯などが痒かったりするとついつい口に含んで何かしらのものを齧りがちな子も居ると思います。

そうやって噛む癖がついてしまうのもどうかと思いますし、出来るだけそれらは避けられるようにしましょう。

それらの癖がついてしまうと、歯の歪みなどにも影響するのでご注意下さい。

子供は目についたものをすぐに口にしてしまいがちという事を忘れなければ、身近にそういうものを置くことも無いと思います。


食べれる段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールが食品に入っている問題とは別に、段ボールを使って肉やチーズを燻製にもできるのです